本日の団体紹介は「RISE」です。

R.I.S.E.(ライズ)は、キックボクシング興業及び認定する王座。主催はRISEクリエーション。

設立は2003年2月23日、伊藤隆と山口元気、内田康弘が「REAL IMPACT SPORTS ENTERTAINMENT」という興行をプロデュースしてゴールドジムサウス東京ANNEXで行い、旗揚げした。

現在は主に伊藤隆がプロデュースをしている。「RISE」の名称は、「Real Impact Sports Entertainment」の略であり、英単語「rise」の「昇る」という意味も掛けている。旗揚げ時の名称は「R.I.S.E.」であったが2009年5月31日の「RISE 55」からドットが外され「RISE」となった。アマチュアキックボクシングの大会「KAMINARIMON(カミナリモン)」も定期的に開催し、選手育成および競技人口拡大にも取り組んでいる。

以上、主にwikiより引用。

 

このRISEは主にK-1とルールが似ています。パンチ、蹴りを主体としており首相撲や肘打ちは禁止となっています。

RISEの素晴らしい所は2つあると考えています。

・一つは他団体と協力的に興行を行っていること。

発足当時からどの団体、ジムの選手でも障壁なく出場できるように受け入れ態勢を取っています。これはプロデューサー陣営の強い思いです。最近ではRISE,シュートボクシング、レベルスの中心としてBRADEという合同興行も行っています。

 

・もう一つは選手育成に力を入れているという事です。

カミナリモンというアマチュア大会も主催しており選手育成にも力を入れています。 K-1MAXで活躍した日菜太やテラスハウスで人気となったDyki(宮城大樹)、羅王丸などもカミナリモン→RISEというステップを踏んでいます。他にも多くの選手がカミナリモン(アマ)→RISE(プロ)→RISEを含め団体王者という道を進んでいます。現在、K-1に出ている選手もRISEに出たことのある選手が多くいます。非常にレベルの高い選手層を誇っています。

 

そして現在、日本を代表するキックボクサーがRISEを主戦場に戦っています。「那須川天心」選手です。この選手はキックボクシングの枠を超えて他のスポーツと張り合える選手だと思います。キックボクシング、格闘技の知名度・人気を一つ上のレベルの上げることが出来る選手です。やはりRISEは選手層が厚いです。K-1と並んでもっとメディアに取り上げられてよいと思える団体です。

 

RISE公式HP:http://www.rise-rc.com/

カミナリモン公式HP:http://kaminarimon.jimdo.com/

RISEプロデューサー伊藤隆https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E9%9A%86_(%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%BC)

那須川天心https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E9%A0%88%E5%B7%9D%E5%A4%A9%E5%BF%83