今回は「新日本キックボクシング協会」です。

始まりは1983年、日本キックボクシング協会から伊原道場が独立して「新日本キックボクシング協会」として設立されました。その後、一時的な統合もありましたが1998年には再度「新日本キックボクシング協会」に変更し現在に至っています。

この団体、感じとしてはコテコテの硬派団体です。かなりオープンになってきたキックボクシングですが、新日本キックは昔ながらの汗臭い古き良きキックの印象です。そして代表の伊原会長はまさに男の中の男!そんな感じを抱きます。

ちなみに、魔裟斗も一時期(K-1MAX時代)伊原会長のジムである伊原道場で練習を積んでいました。

新日本キックは本格的な打倒ムエタイの団体です。1999年から数年間は本場のタイで興行を行っていました。また、K-1MAXで活躍した武田幸三選手も新日本キックを主戦場としてラジャナムダン(ムエタイ二大殿堂の一つ)の王者にもなりました。

現在もかなりレベルの高い選手が所属しています。後楽園ホールを使うので団体規模としてもメジャー団体の一つです。しかし、他団体との交流はいまいち盛んではない印象です。キックボクシング団体そのものの雰囲気が他団体と違うのかな。

他団体に新日本キックの強さを見せつけてほしい所です。

リンク:新日本キックボクシング協会公式HP

wiki新日本キックボクシング協会ページ