今回は「MA日本キックボクシング連盟」です。

前回の新日本キックボクシング協会と同様、老舗団体です。

1985年に設立されていますが、その後はくっついたり離れたり、選手やジムの出入りが多い団体です。

現在は他団体の選手の受け入れを行い、タイトル・ランキングのオープン化を図っています。

このMAキック、長い歴史の中でいろんなことをやっています。

・伊集院光がリングアナウンサーをしたことがある。

・地上波でのテレビ放送

・内閣総理大臣杯を実施

・WMAFという世界ベルトを管轄している。

などです。

これだけみると、今のK-1のような存在で、当時は世間の認知度をあげるためにいろんな取り組みを行っていたんだなと思います。

 

このMAキックのすごい所は所属していた選手がその後のキック界を支えているというところです。

伊藤隆:MAウェルター級王者、初代WMAF世界スーパーウェルター級王座

現在はRISEの代表。TARGETジム会長(那須川天心所属)

山口元気:MA2階級王者

現在はレベルス代表。クロスポイントジム会長(日菜太、T-98所属)

加藤督朗:MAライト級王者、WPMF世界ウェルター級王座

現在はPHEONIXジム会長(梅野源治所属)

 

上二人は日本を代表するキックボクシング団体の代表です。

それぞれ日本を代表する、そして世界に対抗できる選手が所属するジムの会長です。

 

選手では今日本で一番強いヘビー級選手の上原誠選手がMAキック出身です。

 

こうやって見ると今のキックボクシング界には欠かせない存在のMAキックです。伊藤隆や山口元気はほ本当に今のキック界を引っ張っていってる存在。その二人が活躍していたMAキックはすごいと思います。

 

これからもMAキックの活動・興行に期待したいです。

 

リンク:MA日本キックボクシング公式HP

wiki MA日本キックボクシング連盟ページ