今日の団体紹介は国内ではありません。

中国が誇る世界のメジャーキックボクシング団体「Kunlun Fight」です。

以前、中国キックボクシング界の発展という記事で中国キックが熱い!という事を書かせて頂きました。

今日はその中でも中心的団体である「Kunlun Fight」を紹介します。

ナンバーシリーズで大会を開催しており、「Kunlun Fight1」が開催されたのは2014年1月25日です。そして、今週東京で行われるのは「Kunlun Fight49」になります。

2年半で約50回の開催。これは異常的なハイペースです。最近は調べたら毎週開催されてました。笑

そして選手層もとてつもなく高いです。世界各地から集めてきます。日本でも有名なブアカーオやアンディサワーも出場しています。日本からは佐藤嘉弘も出ています。その他にも世界各地の実力者を集めて大会を開催しています。

また、開催地も中国各地だけではありません。今週の東京大会やイタリアでも開催したことがあります。そして、世界中に映像配信を行っています。

本当、全盛期のK-1のような存在になっています。

今後も世界規模のキックボクシング団体として発展してほしいです。

プロ野球選手が大リーグに行くような、そんな感覚で。日本で成功したキックボクサーがクンルンファイトに活躍の場を移し知名度・収入ともにアップさせる。そんな道筋が立てられれば日本選手のモチベーションも上がると思います。

そしてその道筋がすでに確立されそうにあります。

今週開催される「Kunlun Fight49」は日本のキックボクシング団体「レベルス」との合同興行です。今回のレベルスは非K-1系団体のトップ選手が出ている大会です。レベルスを中心とした非K-1系団体とKunlunFightとの強いパイプが出来たことになります。

ここで強烈なインパクトを残し是非世界に飛んでいってほしいです。

少し話はそれましたがKunlunFightは現在世界を代表するキックボクシング団体であることは間違えありません。

リンク:KunlunFight公式HP