2016.12.11 KAMINARIMON 全日本トーナメント開催

先日、キックボクシング団体RISEの傘下にあるアマチュアキックボクシング大会KAMINARIMONの全日本トーナメントがありました。

KAMINARIMONはアマチュア大会の中でもかなりレベルの高い大会です。

過去にこの大会からは

≫郷州征宜(PHOENIX/2012年RISING ROOKIES CUPスーパーフェザー級優勝)

≫小宮山夕介(TARGET/2013年RISING ROOKIES CUPフェザー級優勝)

≫村越優汰(湘南格闘クラブ/第5代RISEバンタム級王者)

≫宮城大樹(TARGET/第4代RISEバンタム級王者)※リングネームはDyki

≫石山智啓(TARGET/2010年 RISING ROOKIES CUPヘビー級優勝)※リングネームは羅王丸

≫小宮山工介(北斗会館/2008年 RISING ROOKIES CUP -60kg優勝)

など多くのトッププロは輩出しています。

 

今回このトーナメントにあるジムから3人出場し3人とも全日本トーナメントを優勝したジムがあります。
それが、、、

 

『TEAM TEPPEN』

 

詳しい人にはわかると思います。

そう、那須川天心選手のお父さんである那須川弘幸会長が運営するジムです。

那須川天心選手の所属はTARGETですが、練習はほとんどTEAM TEPPENで行ってるそうです。

 

天心選手の才能もすごいですが、お父さんの育成力もとんでもないですね。

ちなみに優勝した階級はジュニアの2階級と大人の65級です。

TEAM TEPPENではどんな練習を行っているのか。すごく気になります。

結構、出稽古でプロ選手が参加しているようです。

これだけの育成力です。あと数年すればTEAM TEPPENからプロの王者が数人は出てくるでしょう。

 

ちなみにTEAM TEPPENは千葉県柏市にあります。

当記事の全日本トーナメントの結果はこちら↓↓

2016年12月11日 東京・大森ゴールドジム KAMIANRIMON全日本大会 結果