ゲーオが病気欠場、山崎とのタイトル戦中止

9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~』にて、K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王座2度目の防衛戦を行うことが決まっていた王者ゲーオ・ウィラサクレック(タイ)の欠場が発表されました。

山崎選手本当かわいそうだな。人生かけるとか色々な言葉で今回の一戦に賭けてたからな。

でも本当ゲーオってすごいよ。普通は60kgの選手でしょ。K-1MAXのときのブアカーオみたいだな。ブアカーオは65kg位の選手だったけど70kgでやってたから。最初にK-1MAX制したときはたぶん67kg位で試合に出てたような。

代替え選手は同門のゴンナパー・ウィラサクレック(タイ)

ゲーオ欠場に伴い、代替え選手として出場するのが同門のゴンナパー・ウィラサクレック。

現在WPMF世界スーパー・ライト級王座を保持し、対日本人13戦12勝(7KO)1敗。

ちなみにこの1敗は褐色のナルシスト「健太」に負けたものです。

K-1は日本で一番人気の立ち技団体です。もちろん、自動的に実力日本一の団体でなくてはいけない。そう位置づけられます。

ゴンナパーに負けるという事は、結果的に健太選手以下を証明することになります。K-1の65kgは他団体と大差ないレベルと判断されます。(自分はもともとあまり差はないと思ってますが。)

ゲーオとの対戦がなくなりモチベーションが下がってる所に、かなり強いゴンナパーの出現。

ゲーオがK-1に来るまでゲーオは日本人に負けなしだったので、ゲーオに負けても何も周りは思わなかったけど、

他団体で負けているゴンナパーに負けることは自動的にK-1 65kg級のレベルも位置づけられてしまいます。

明日が楽しみ!