一年間を通じて行われているKNOCKOUT初代スーパーライト級王座決定トーナメント

前回の大会で不可思とマサ佐藤が準決勝にコマを進めました。

今回はこの2カード

 

 

結果は以下の通り

▼第6試合 KING OF KNOCK OUT 初代スーパーライト級王座決定トーナメント1回戦 3分5R
山口裕人
(山口道場/WBCムエタイ日本スーパーライト級王者)
 KO 2R 1分53秒
※3ノックダウン
 ○ 秀樹
(新宿レフティージム/K-1 GLOBAL -65kg級世界トーナメント王者)
▼第5試合 KING OF KNOCK OUT 初代スーパーライト級王座決定トーナメント1回戦 3分5R
大石駿介
(OISHI GYM/ISKAムエタイ世界スーパーライト級王者)
 ●  KO 4R 49秒
※左ハイキック
 ○ 鈴木博昭
(ストライキングジムAres/シュートボクシング世界スーパーライト級王者)

 

それぞれにドラマがあるんですよね

・秀樹VS山口

いつかを奥さんにもち家族で戦う秀樹と兄弟で戦う山口。

・大石vs鈴木

共に愛知出身でアマ時代から対戦経験あり。共に世界タイトルを獲得しKNOCKOUTで拳を交える。

 

秀樹と鈴木がKO勝利で準決勝に進出しましたがどちらも面白い試合でした。

 

これで準決勝の対戦カードが決定です。

不可思 VS 鈴木博昭

マサ佐藤 VS 秀樹

 

この4人から初代王者が決定します。

でもキック好きならわかってると思います。

あいつがいないじゃん!

 

そう!

 

シュートボクシングの海人

 

秀樹に勝ち、不可思に勝ち、鈴木博昭に勝ち、健太に勝ち、先日までK-1グループでイケイケだった 瑠輝也にも勝っているこの階級の日本キック界の新エースです。今回シュートボクシングからは鈴木選手が出ているので参戦できなかったのかもしれませんが誰が王者になってもこの階級は海人に勝たないとダメですね。

 

話しがそれてすいません。

 

準決勝

不可思 VS 鈴木博昭

マサ佐藤 VS 秀樹

 

は6月8日金曜日後楽園大会で行われます。