11月23日はRISEとK-1の同時開催でしたが自分はRISEに行ってきました。

DOAも楽しみでしたがやっぱり一番は那須川天心です。

結果は以下の通りでしたね。

 

RISEクリエーション
「RISE121」
2017年11月23日(木・祝)東京・Tokyo Dome City Hall

第11試合 メインイベント RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017決勝戦 3分3R延長2R
内藤大樹
(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級王者)
KO
延長R 58秒 ※右ストレート
MOMOTARO●
(OGUNI-GYM/WBCムエタイ・インターナショナル フェザー級王者)
第10試合 セミファイナル 3分5R無制限延長R
那須川天心
(TARGET/RISEバンタム級王者)
KO
3R 1分15秒 ※3ノックダウン
イグナシオ“El Misil”カプロンチ●
(アルゼンチン・Dojo Serpiente/WKC世界60kg級王者/挑戦者)
第9試合 RISEスーパーフェザー級(-60kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
〇チャンヒョン・リー
(韓国/RAON/挑戦者・同級1位)
判定3-0
※49-47、49-45、49-45
野辺広大
(RISE ON/INSPIRIT/RISEスーパーフェザー級王者)
第8試合 RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017準決勝第2試合 3分3R延長1R
内藤大樹
(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級王者)
判定3-0
※30-28、30-28、30-27
工藤政英
(新宿レフティージム/RISEフェザー級3位、前REBELS 55kg級王者)
第7試合 RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017準決勝第1試合 3分3R延長1R
〇MOMOTARO
(OGUNI-GYM/WBCムエタイ・インターナショナル フェザー級王者)
判定3-0
※30-29、29-28、30-29
森本“狂犬”義久
(BRING IT ONパラエストラAKK/RISEフェザー級1位)
第6試合 ライト級(-63kg)3分3R延長1R
秀樹
(新宿レフティージム/RISEライト級11位、K-1 GLOBAL世界トーナメント-65kg級優勝)
判定2-0
※28-28、28-27、28-27
北井智大●
(チームドラゴン/RISEライト級2位)
第5試合 RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017一回戦第4試合 3分3R延長1R
〇内藤大樹
(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級王者)
延長R
判定3-0 ※三者とも10-9
原口健飛
(聖武会館/JAPAN CUP 2017 -57kgトーナメント優勝、Accelフェザー級王者)
第4試合 RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017一回戦第3試合 3分3R延長1R
工藤政英
(新宿レフティージム/RISEフェザー級3位、前REBELS 55kg級王者)
KO
1R 1分27秒 ※2ノックダウン
KEN・FLYSKYGYM●
(FLYSKYGYM/RISEフェザー級10位、DoA ROOKIES LEAGUE 2017優勝)
第3試合 RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017一回戦第2試合 3分3R延長1R
〇MOMOTARO
(OGUNI-GYM/WBCムエタイ・インターナショナル フェザー級王者)
判定3-0
※28-27、28-26、28-26
宮崎就斗
(TARGET/RISEフェザー級6位)
第2試合 RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017一回戦第1試合 3分3R延長1R
森本“狂犬”義久
(BRING IT ONパラエストラAKK/RISEフェザー級1位)
KO
2R 2分48秒 ※右フック
翔貴●
(岡山ジム水島道場/ルンピニージャパン・フェザー級王者、INNOVATIONフェザー級1位)
第1試合 RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017リザーブマッチ 3分3R延長1R
〇泰良拓也
(パウンドフォーパウンド)
KO
1R 1分39秒 ※左フック
佐野貴信
(創心會/RISEフェザー級7位)
オープニングファイト.4 -56kg契約 3分3R
〇村山智耶
(HAYATO GYM/RISEバンタム級8位)
判定3-0
※30-29、30-28、30-28
森園直樹●
(TIA辻道場/元グラディエーター武士道スーパーフェザー級王者)
オープニングファイト.3 バンタム級(-55kg)3分3R
○リョウタ
(鷹虎ジム/J-NETWORKスーパーバンタム級5位)
判定3-0
※30-29、29-28、30-28
佐藤 駿●
(PHOENIX/RISEバンタム級10位、2015年KAMINARIMON全日本大会-55kg級優勝)
オープニングファイト.2 -64kg契約 3分3R
○北濱精悦
(TARGET SHIBUYA/第2回極真連合杯世界空手道選手権大会 軽量級優勝)
判定3-0
※30-29、30-29、30-28
田村亮太朗●
(リアルディール)
オープニングファイト.1 -53kg契約 3分3R
〇金子 梓
(新宿レフティージム)
判定3-0
※30-27、29-27、30-27
ギッティチャイ・タツヤ●
(はまっこムエタイジム)

 

DOAについて

 

どの試合も外れなしで盛り上がったと思います。

内藤が一回戦にやった原口は今思うとかなりの逸材ですね。お互いにノーダメージの状態でやって3R引き分けでしたから。最後、スタミナが切れて押し切られた形でした。しかし、驚異の19歳です。本当に。

momotaroはセンス抜群ですね。見切りが本当に良い。組んだら強い。接近戦でのショートパンチもピカイチ。相手は強引に突っ込んで当てにいく戦術でしたが宮崎も狂犬も攻め切れませんでした。首相撲ありのルールだったら余裕で優勝していたと思います。それにしても、momotaroの時の応援が下品でちょっと嫌でしたね。一部の席から変な大声が良く出てました(笑) NJKFの雰囲気ってあんな感じなのかな。だったら行きたくないな(笑)

優勝した内藤はさすがですね。一回戦はアマチュアあがりに手こずってるなと感じました。もちろん相手がアマチュアのレベルをはるかに越えてる元プロボクサーで空手系の選手というのは知ってましたが内藤ならすぐ倒すだろうなと。なんとか1回戦を勝ち抜いて、工藤にはハイでダウン取って、最後は延長ラウンドで仕留めて。さすがです。

1回戦:4R 2回戦:3R 決勝:4R 計11R やっても自分のスタイルが崩れませんでした。ローも結構もらってたと思うけど効いてる感じも最後までなかったし。最後は走ってコーナーに登ってましたから。

内藤もすごいけど、ロングスパッツってあんまり効かないのかな??サワーもK-1の最後禁止されてたし。

とにかく内藤すごかったです。

那須川天心 VS イグナシオ

この試合は始まる前からいろいろありましたよね。

イグナシオは計量失敗です。身体大きいのわかってたから落とせるのかなと不安でしたが、ダメでしたね。

結果は当日計量でも55.8kg

タイトルマッチは消滅しハンデありのワンマッチに。

試合に入る前に、前日計量で55.8kg。そして当日も55.8kg。

計量をクリアしてないからしょうがないですが、当日のリカバリーなしで天心とやるなんて自殺行為ですよ。

結果はボディ責めを食らって天心の3RKO勝利です。

正直、リカバリーなしで天心とやる時点で天心の勝利は見えてましたね。

試合内容も全くその通りで、たぶん天心はパンチは一発ももらってないですよ。

全部見切って、バンバン攻撃入れてました。

この一戦に関しては、「いまだに天心の実力を疑いの目で見ているアンチ達に実力を証明できる一戦」だったのでイグナシオが計量失敗した時点でかなりがっかりでしたね。

 

その他は、K-1グローバルの王者が出てきて勝利したり、野辺が負けてチャンヒョンリーが王者になったりと色々ありました。

野辺は打たれ弱い印象がありますね。飛び癖というか、HIROYAのようにすぐ脳にダメージが出てしまう印象があります。

後半の戦いは良かったのですが最初にダウンしすぎました。

 

ちなみにまだ非公式ですが、RISEは来年以降55kg以下のベルトを創るみたいです。

天心が強すぎて55は無理ですからね(笑)