ついに終わってしまいましたね。

天心VS堀口

平成最後の大一番。

 

ちなみに前段階の整理ですが、この試合は堀口恭司の圧倒的有利で始まっています。

総合の堀口がキックの天心に挑む。

堀口が総合では圧勝することを前提にこの試合は組まれたと思います。
堀口が総合で圧勝するなら天心はキックで圧勝しないといけない。

この状態から試合は始まっています。

天心のプレッシャーは半端なかったと思います。

総合では勝てない。キックで勝って当たり前。

そして堀口はキックボクシング初戦です。笑

 

そして試合です。

3分3Rは短いな。やっぱり

試合はみなさんもう十分ご覧になっと思いますが一応載せておきます。

 

 

 

判定は3-0で天心の勝利でした。

堀口も翌日の会見で言っていた通り、3Rに天心の胴回し回転蹴りをもらってから動きが止まったしパンチのスピードも落ちましたよね。ステップも踏めなくなってました。完全に効いてました。

でも、そこまでの展開は完全に互角だったと思います。

しかも、2Rに天心のパンチと蹴りをかなり見切っていたので本当にすごいとおもいました。

そして、自分は勝敗を分けた思っているローブロー2連発。あれは痛いですよ。本当に。

痛みが引いたから試合開始してるわけじゃないですからね。めちゃくちゃ痛い中再開してるんですよ。

そして、ずっと痛いまま試合してる。

ローブロー2発から試合中の笑顔もなくなったし。必要以上に左の蹴りに反応してました。(3発目のローブローを警戒して。もちろん天心は狙ってません。)

 

ローブローなければなどうなってたか。わかんないですね。

 

でも試合は天心の勝ちです。

勝負の世界にたらればはないです。

 

でもキックボクシング26戦無敗で世界最高という言われてる選手にキックボクシングで3Rやって1ポイント差の判定ってすごすぎです。

堀口恭司、動物的に強いと感じました。

そのあとのマイクも、翌日の会見も全部飾らず自然体で話してる姿もまた好感が持てました。

天心も精神的にも堀口のスタイル的にもやりずらかったとおもうけど、頑張ったと思います。

 

自分が偉そうに言う必要もなくSNSでは二人の戦いに称賛の嵐でしたよ。

本当にすごい一戦でした。

 

ちなみに、総合ではやっぱり堀口ですね。高田さんが試合後に解説席から次はもしかしたら総合で。って言ってましたけどだめです。立ち技でも結構天心こかされてたし、懐にも入られてたから。

 

天心VS堀口はキックのこの一戦でよいと思いますね。

あとはお互いのジャンルでRIZINも盛り上げていけばいいと思います。

ともに世界最高の選手ですよ。あとは榊原さんがどう磨き上げていくか。

 

これからもRIZIN楽しみです。