東京のキックボクシングでは以下の会場を良く使います

後楽園ホール:収容人数-2,005人 RISE、シュートボクシング、レベルス、Krushなど国内メジャー団体が主に使用。

国立代々木競技場第二体育館:収容人数-4,037人 主に新生K-1が使用。

大田区総合体育館:収容人数-4,012人 合同興行BRADEやレベルス、RISEなどが使用実績あり。主に記念大会時に使用。

ディファ有明:収容人数-1,273人

新宿FACE:収容人数-600人

ゴールドジム大森:収容人数-250~300人位

 

ちなみに格闘技ブームだった2000年代初頭はK-1やPRIDEでは以下のような会場を使ってました。

桁が違いますね^^; お客さんの数はそのプロスポーツの力だと思います。

いつかまた以下のような会場で格闘技が見たいです。そして地上波放送も。

そのためには力を合わせる必要があります。団体の争いよりも、野球・サッカーなど他のスポーツと争うような存在になってほしいです。

東京ドーム:収容人数-55000人

さいたまスーパーアリーナ:収容人数-37000人

代々木第一体育館:収容人数-13243人

有明コロシアム:収容人数-10000人

両国国技館:収容人数-約11000人