やっぱり稼げないキックボクシング

キックボクシングってやっぱり稼げません。

日菜太選手や町田光選手など国内ではトップレベルの選手がインタビューやリング上で

「キック一本で食えるようになりたい」と発言しています。(ファイトマネーだけで生活したいということ)

多くのプロ選手がインストラクター業務とプロ選手活動を並行しています。試合のファイトマネーだけで生活している選手はほぼいない状態。

王者でも自分でチケットを売らないといけないんですもん。

正直、どんなスポーツでも王者は王者。自分からチケットを売るような活動はしてほしくないです。

ここは格闘技の悪い体質だと思います。チケットの販売は運営の仕事です。選手にやらせないでほしい。

 

ベストファイトボーナスのすすめ

少しでも選手の待遇が上がるようにする一つの方法として。

その大会のベストファイトをした両者にはボーナスをあげてほしい。

ボーナス資金元

・チケット代を少し高く。そして運営側の経費削減で100万円位の余剰金を作る。

 後楽園ホールの場合→チケットを500円高くすれば 500×2000(席)=1000000 100万

この場合は運営側の負担なし。

単純に500円高いとお客さんが集まらないので、ファンイベントや握手会やサイン会、体験イベントなどキックボクシングの普及活動と合わせて500円分の付加価値をしっかり作る。

キックボクシングの大会って基本的に試合して終わり。

もちろん悪くないけど、後楽園ホールなら2000人の人が来るんだからまた来たいなと思わせるような企画を作るべきだと思う。

本当にもったいない。

決め方

・ネット投票  ・会場での投票

もし、一番の試合にボーナスを全部渡すのであれば

100万÷2人=一人50万

ベストファイトをした両選手に50万のボーナスが渡る。

ベスト3試合を決めて100万を割り振ってもいいし。

でも、今のキックボクシングの世界で何十万のボーナスって言うのは凄い大きい。

もしかしたらファイトマネーを超えることも。

上手くいけば最高の循環が生まれる。

 

1、選手はこんなにボーナスがでる大会なら俺も出たい。良い選手が集まる。

2、ボーナス効果もあり試合がよりアグレッシブに。

3、観客は観ていて楽しい。

4、そしてまた来たくなる。

5、運営側も毎回満員。もしくはもっと大きい会場でやれる。

6、大きい会場でやれれば収益アップと共にもっとボーナス金を多く集められる。

7、再度「1」へ戻り好循環。

 

長々と大変失礼しました。