ヤスユキ、本場ムエタイの前に散る。

2016年10月9日(日)東京・ディファ有明でMuayThai Super Fight「Suk Wanchai MuayThai Super Fight」が行われました。タイ国公認のムエタイ大会です。

メインを務める日本人はムエタイ都市伝説の異名をもつ「ヤスユキ」。相手のスーパーレックは常にタイではメインイベントを務める本場ムエタイバリバリの選手です。

結果は以下の通り。

▼第12試合 メインイベント 132ポンド契約(約59.9kg) 3分5R
○スーパーレック・モーラタナバンディット(タイ/ルンピニー&ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級1位)
KO 2R 2分19秒 ※右ハイキック
ヤスユキ(Dropout/REBELS-MUAYTHAIスーパーフェザー級王者)

ヤスユキがまさかの失神KO負け。本当に衝撃的なKOでした。

相手の方が二枚くらい上手

ヤスユキの発言通り相手の方が二枚くらい上手でした。

蹴りに関してはパワーはありましたがかなりオーバーアクションのキック。でも、そういう蹴りを多用していても相手は全身の力が抜けていて常に余裕を出しながらの戦いでした。

K-1のゴンナパーもそうですが。オーバーキックでも相手にかなり脅威を与えますね。タイの選手は基本的なディフェンスはしっかりできているから不意にもらう事はそうそうない。だからこそ、思いっきり蹴れる。

ヤスユキもその雰囲気に完全に飲まれていました。ヤスユキらしい脱力したスタイルの戦いでしたが最後の蹴りはしっかりもらってしまいました。

あの倒れ方はかなり危ないです。

11月の試合が決まってるようですが延期した方が絶対いいです。

ヤスユキVSスーパーレックの試合動画はこちら→ヤスユキVSスーパーレック