キックボクシングって非常に限られたスポーツだと思います。

スポーツ→格闘技→キックボクシングです。

スポーツの種類の中に格闘技があり

格闘技の種類の中にキックボクシングです。

直接的にキックボクシングに辿り着く人は少ないし、順を追ってキックボクシングを選ぶ人も少ない思います。

せめて格闘技レベルで一度まとまる必要があると思います。

話しは変わりますが、昔って魚屋、肉屋、八百屋ってそれぞれ分かれてました。そしてそれを一つにまとめたのがスーパーです。スーパーが出来ると基本的に地域の商店街は元気をなくします。

なぜか。

スーパーに行けば全部揃うんです。便利なんです。だから目の前の八百屋を通り過ぎてその先のスーパーに行きます。そして、こんな事が起きます。野菜を買いに行ったのに魚も肉も買ってしまった。それはなぜか、目の前にあったからです。

格闘技でもスーパー的なポジションを作る必要があると思います。

そこに行けばキックボクシングも総合もムエタイもプロレスも空手もボクシングも全部見れる。例えばプロレスを観に行った人がキックボクシングもいいなと思ってもらえるような。格闘技に興味をもった人がまずは行ってみようかなと思える「合同格闘技イベント」のようなものを定期的に開催するべきです。

 

底辺を広げれば格闘技そのものに興味を持つ人は確実に増えます。そうすればキックボクシングを含め各競技へのファンも増えるはずです。

今日のキックの試合はすごかったな、あんなのが何試合も観れるなら今度キックだけの大会も行こうかなと

なんなら、「合同格闘技イベント」来た人はセットで各競技の観戦割引券も配ったりすれば興味を持った競技への観戦率も上がると思います。

 

そんな感じで、合同格闘技イベントを設置してキックを含めた各格闘技の発展に繋がればなと感じます。