日本キック史上、最高傑作。

彼は大晦日の地上波ゴールデンで日本中の視聴者にそう表現されました。

そうです。

那須川天心

 

です。

すいません、天心ネタの確変モードに入ってます。

天心の記事ばかりですね。

 

日本キック史上、最高傑作。

この言葉が意味することは非常に深いです。

同じ階級に比較される

武尊

がいるからです。

武尊はRIZINのリングに上がっています。RIZINとK-1はしっかりつながっている存在です。

武尊を意識するポジションに居ながらも、天心をキック史上最高傑作と表現する。

これはもう、RIZINは武尊より那須川天心の方が上だと

地上波を通して告白したことになると思います。

 

本当に昨年末でとんでもないところまで上り詰めたなと。感じます。

表に出る前から知ってた自分としては本当に嬉しい限りで、スカッとした気分です。

これからも那須川天心選手には期待ですね。