「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016無差別級トーナメント 開幕戦」

 

久しぶりに格闘技が地上波で行われましたね。

やっぱりテレビでみられると嬉しい。日本各地のちびっこたちがテレビで格闘技を観れる環境は素晴らしい。

RIZNはキックの試合ではないけど今回も立ち技出身の選手が総合ルールで頑張りました。

 

木村フィリップミノル

チャールズホースベネットに瞬殺される。ビックマウスだし体型も総合向きだからたぶんまた呼ばれると思うけど、今回の試合には本当がっかりでした。

自分で億を稼ぐ格闘家になるって言っててあれですから。ベネットがトリッキーなのは最初からわかってるのに。自分が総合初戦なのもわかってるんだから。雑に行き過ぎだよ。あれは。

 

RENA

山本美優に一本勝ち。練習での動きは山本選手かなり良かったのでRENA危ないかなと思ったけど。結局は山本選手はタックルしかできなかった。打撃も、倒してからの攻めもしっかしできませんでした。RENAにとっては当然の勝ちだったけど、注目度が高かっただけにかなり精神的にきつかったでしょうね。セミファイナルだったけど、地上波放送ではメイン扱いでした。本当にすごい。

ミルコ、サワー、藤田など往年のレジェンドたちを前座に自分の試合が組まれたんですから。

この熱を立ち技格闘技にも持ってきて欲しい。

 

個人的にはアーセン選手、よく頑張ったと思う。

あと、会場に掲げられてた旗に「K-1」があった。あそこにいずれは「RISE」や「REBELS」、「KNOCK OUT」の旗が上がって、格闘技界ボーダレスになればなと強く感じます。

 

全試合結果はこちら→スポナビ結果速報